お知らせ

2020年新建北海道支部総会を開催しました

インフォメーション

2020.02.26

 2月18日札幌エルプラザにて支部総会を15名の会員の参加で行いました。昨年の活動は6回の「月例会」、12月には毎年恒例の仕事を語る会+忘年会を開催しました。また全国企画の建築とまちづくりセミナーin福岡は9名の会員・家族が参加し全国の会員と交流をしました。
 今年は、新建全国は設立50周年、北海道支部は40周年を迎えます。これまで様々な建築とまちづくり関するセミナーを開催していますが、今年は50周年企画としての北海道セミナー、仕事を語る会は会員が運営しているニセコの宿フォレストリーインを会場にして8月に行います。会員に限らずどなたでも参加できます。
 今後、月例会のご案内の他、それぞれの企画案内をメール、ホームページにて発信致します。どうぞご参加下さい。
新建北海道支部 支部長 大橋周二

新建北海道支部10月例会のご案内「分譲マンションの給排水改修設計と工事監理業務」

インフォメーション

2019.09.27

新建北海道支部主催10月例会のご案内
「分譲マンションの給排水改修設計と工事監理業務」について
日時/10月24日(木)18:30~20:30
報告/平川恵司さん アドエンジニアリング株式会社
会場/札幌エルプラザ4階研修室5
この企画は、会員が行ってる仕事(実務)の紹介を通して、意見交換、交流の場としてし
て行っています。
昨年9月に発生した北海道胆振東部地震では、道内各地で「ブラックアウト」により様々
な被害を受けました。
10月例会では、このブラックアウト時の給水改善を目的に、受水槽高架方式から直結方
式に改修した分譲マンションの設計工事監理の事例について平川さんより報告を受けます。
会員に限らずどなたでも参加できます。参加費は無料です。どうぞご参加下さい。

主催(問い合わせ先)/新建北海道支部 事務局 大橋
住所/札幌市北区北25条西15丁目3-16(有)大橋建築設計室内
    TEL011-726-8988 
    E-mail oohashi@beige.plala.or.jp
10月例会案内

新建9月例会「日本と米国の省エネ法」について

インフォメーション

2019.08.19

新建北海道支部8月例会に続いて、9月は「日本と米国の省エネ法」をテーマに行います
今年2019年は12月に北米パッシブハウス会議がワシントンで開催されます。
この会議に参加されている芝池先生に米国のパッシブハウス作りについて最新の情報提供も
お願いしています。ぜひご参加下さい
尚、8月企画とも参加費は無料です。どなたでも参加できます

■9月例会「日本と米国の省エネ法と2019年北米パッシブハウス会議について」
 日時/9月20日(金)14:00~16:30
 報告/芝池英樹さん 京都工芸繊維大学准教授
 会場/札幌エルプラザ4階大研修室B
 2015年より昨年まで6回の外断熱講座を行っています
 今回は京都工芸繊維大学の芝池英樹先生と日本でのパッシブハウス設計に欠かせないポイン
トなど、米国での設計手法も紹介しながら報告していただきます。
 また、省エネ基準の見直しや評価方法が議論されていますが、現行の建築基準法による
 省エネ法の届け出について、申請事例を紹介しながら、皆様と意見交換を行いたいと思
います。

参加申込みは 新建北海道支部事務局 大橋
       札幌市北区北25西15-3-16 
       TEL011-726-8988 FAX011-726-8988 
       メールoohashi@beige.plala.or.jp

新建8月例会「住宅の雪庇対策について」のご案内

インフォメーション

2019.08.19

新建北海道支部主催「2019年8月・9月北海道支部例会」のご案内
この企画は、今年4月より6月に開催した例会に続くものです。日頃の実務で感じている
ことをテーマに報告・交流の場として行います。
どなたでも参加できます。参加費は無料です。どうぞご参加下さい。

■8月例会「住宅の雪庇対策について」
日時/8月28日(水)18:30~20:30 
報告/中島正晴さん (有)中島建築設計事務所
   大橋周二さん (有)大橋建築設計室
会場/札幌エルプラザ4階大研修室A
住宅を初め建築物の設計で考慮しなければならない一つに雪庇対策があります。
今回は、住宅に設置した雪庇止めと傾斜屋根板の雪止めの効果について、マンション
の雪庇対策について、取付事例と合わせて紹介します。
参加申込みは 新建北海道支部事務局 大橋
       札幌市北区北25西15-3-16 
       TEL011-726-8988 FAX011-726-8988 
       メールoohashi@beige.plala.or.jp

2019年4月からの支部企画ご案内

インフォメーション

2019.04.03

支部総会レポートに記載しました通り、4月以降下記の通り企画を設定しましたので、ぜひご参加ください。案内文は作成次第このホームページに掲載します

4月26日(金)18:30~「知っているようで知らないシックハウス」
      報告/川瀬かおりさん 札幌エルプラザ2階環境研修室
5月20日(月)18:30~「木造住宅の耐震設計と改修について」
      報告/中島正晴さん  札幌エルプラザ4階研修室3
6月18日(火)18:30~「北海道の住宅の断熱レベルはどうあるべきか」
      報告/白田智樹さん、高橋浩一さん 札幌エルプラザ4階大研修室C

参加費は無料です。会員でない方も参加できます。参加申込みは下記宛て、メールまたはファックスにてお願い致します。(参加者名、勤務先等、連絡先をお書き下さい)
定員は各回30名です。お早めに申込みをお願いします。

新建北海道支部http://www.shinken-hokkaido.com
大橋 周二oohashi@beige.plala.or.jp
〒001-0025札幌市北区北25条西15丁目3-16
(有)大橋建築設計室内 TEL(011)726-8988 FAX(011)726-8990

新建「2018年仕事を語る会」ご案内

インフォメーション

2018.11.25

2018年仕事を語る会案内

新建北海道支部主催「仕事を語る会」は、会員の仕事紹介や新建活動などの交流を目
的に2008年より開催しています。今年は8回目の開催となります。報告は、住宅の新築・リフ
ォームの事例、震災対応、来年以降の支部研究会企画の提案、ボストンの建築紹介を行い
ます。
この企画は建築関係者を初めどなたでも参加できます。ぜひご参加下さい。

日時 2018年12月12日(水)18:30~20:30
会場 札幌エルプラザ4階大研修室A(札幌市北区北8西3)
定員 40人(参加費無料)

当日の予定
18:30 開会(18:00受付開始)
・胆振東部地震の相談活動/耐震診断資格者、震災建築物の復旧技術者としてどのよ  うに答えたか 中島正晴
・今後の支部企画提案/「住宅配置計画の研究会」について 石原隆行
・新築住宅2軒の紹介 /白田智樹
・今年行った住宅リォーム紹介/川瀬かおり
・F・Lライトの住宅とボストンの建築紹介/大橋周二
20:30 閉会 *終了後交流会を予定しています(会費3500円程度)

主催 新建築家技術者集団北海道支部
新建北海道支部事務局TEL011-726-8988(有)大橋建築設計室内
参加申込先FAX011-726-8990、メールoohashi@beige.plala.or.jp
*参加申込みは、メール又は添付案内にご記入の上ファックスにてお願い致します

「2018年第31回全国研究集会in犬山」のご案内!

インフォメーション

2018.08.13


日時:2018年11月17日(土)~19日(月)
会場:愛知県犬山市 犬山温泉「犬山館」
主催:新建築家技術者集団 (略称/新建)

新建全国企画として「2018建第31回全国研究集会in犬山」を11月17日から19日まで犬山市で開催します。この企画は新建として2年に一度全国各地の会員の仕事、活動について交流する場として開催しています。
記念講演、交流会を始め1日目、2日目の17、18日は12のテーマごとに分科会が行われます。3日目は明治村、犬山市内見学が予定されています。
会員でなくともどなたでも参加できる企画です。詳細は添付の通りです。参加申込みは所定の申込み用紙にご記入の上直接全国事務局へ申込みください。

新建犬山研究集会のご案内 新建犬山研究集会分科会のご案内 新建犬山研究集会参加申込書

2018年建築とまちづくりセミナーin札幌を開催しました

インフォメーション

2018.07.06

6月1日より3日まで、札幌市教育文化会館で2018年建築とまちづくりセミナーin
札幌を開催しました。前回に続き日本建築学会北海道支部、北海道建築士会、北海道建築家協会、北海道建築士事務所協会、北海道建築技術協会など各建築団体をはじめ札幌市、江別市教育委員会、北海道新聞社、札幌建築鑑賞会より後援をいただいています。
参加者は全国11支部より講師を含め100名の参加がありました。
今回の講座の特徴は、「北海道をテーマに北海道での活動を全国に発信する」を基本として各講師のご協力をいただき4つの講座を行いました。
第1講座は、北海道の住まい「高断熱・高気密から外断熱へ」、第2講座は、小樽運河の保存活動と今、第3講座は、まちを支える「場」と「人づくり」~江別市での活動、第4講座は積雪寒冷地である北海道の「防災まちづくり」について、です。
各講座の内容を含レポートを北海道支部会員より本誌に掲載しています。
2日目講座修了後には、札幌ビール園・トロンメルホールでの交流会は60名が参加、ジンギスカンと生ビールを飲みながら交流を行いました。
3日目の札幌小樽見学会(貸切バスにて移動)には32名が参加しました。札幌市南区にある、アイヌの文化、生活を紹介する施設サッポロピリカコタンの見学のあと、小樽へ移動し鰊御殿の見学の後、旧北海道銀行として使われていた小樽バインにて昼食の後、各自にて小樽運河周辺の見学し、参加者の皆さんには小樽より新千歳空港までバスで移動、現地での解散となりました。
このセミナーに後援をいただいた建築諸団体の皆様、協賛をいただいた各企業の皆様にはお礼申し上げます。
今回のセミナーは北海道支部としては13年ぶりの開催で、初めての全国企画という実行委員ばかりでした。セミナーを通して支部会員が全国の会員と交流できたこと。同時に北海道支部を全国に紹介できたことは今後の支部活動にとっても大きな力になると確信しています。(尚、次号建まち誌にセミナー紹介記事が掲載される予定です)新建北海道支部長 大橋周二

セミナー「札幌版次世代住宅と米国パッシブハウス基準による数値検証」のご案内

インフォメーション

2018.03.29

セミナー「札幌版次世代住宅と米国パッシブハウス基準による数値検証」のご案内
  日時  2018年4月19日(木)13時半より16時半予定(受付13時より)
  会場  札幌エルプラザ4階 研修室A(定員30名)
*資料代として1000円をお願いします

昨年の北米パッシブハウス会議(シアトル)のご紹介、換気システムをテーマにしたセミナー
に続き、新建北海道支部とNPO法人PHIJPとの共催による講座を企画しました。
報告1では、札幌版次世代住宅の設計施工についてご理解いただくため、札幌市内で5
棟の設計施工実績のある白田智樹氏による事例紹介を行います。
報告2では、NPO法人PHIJP内で札幌や北海道において米国基準でのパッシブハウス
の設計の実行可能性の検討を進めている、京都工芸繊維大学の芝池英樹先生より、札幌版
次世代住宅と米国パッシブハウス基準住宅の性能を比較検討した事例紹介をはじめ、「パ
ッシブ換気」と熱回収換気の数値性能比較など、最新の情報提供を行います。札幌でも米
国式パッシブハウスは十分に実現可能であることを示します。
この講座は建築関係者をはじめ、パッシブハウスにご関心のある市民の皆様、どなたで
もご参加できる企画です。
参加申し込みはファックスまたはメールにてお願い致します。

次  第
13:30 開 会  司会進行  大橋周二 新建北海道支部長・NPO法人PHIJP会員
13:35 報告1  (40分)
「札幌版次世代住宅の設計と施工事例」
白田智樹氏 白田建築設計事務所、新建北海道支部幹事
14:30  報告2  (60分)
「米国パッシブハウス基準を満たす高断熱・高気密住宅の数値評価
~札幌版次世代住宅との比較」
芝池英樹氏 博士(工学)京都工芸繊維大学大学院准教授、NPO法人PHIJP理事
15:30 報告3  (15分)
「高性能換気装置(レック社)についての紹介」
蓜島一弘氏  ハイシマ工業(株)、NPO法人PHIJP理事
質疑応答 *参加者の皆様と意見交換を行います
■参加申込み先
大橋 周二oohashi@beige.plala.or.jp
〒001-0025札幌市北区北25条西15丁目3-16(有)大橋建築設計室http://ohashi-draw.com
TEL(011)726-8988 FAX(011)726-8990
新建北海道支部http://www.shinken-hokkaido.com

セミナー案内

「2018建築とまちづくりセミナー in札幌」のご案内

セミナー情報

2018.03.13

「2018建築とまちづくりセミナー in札幌」のご案内

日 時:2018年6月1日(金)~3日(金)
会 場:札幌市教育文化会館「講堂」(1~2日)
(札幌市中央区北1条西13丁目 地下鉄東西線 西11丁目 駅徒歩5分)
見学会:サッポロピリカコタン・小樽運河コース(3日)
主 催:新建築家技術者集団+セミナー北海道実行委員会


■スケジュールと講座内容
2018年6月1日(金)
18:00~18:30 開講式(受付 17:00~)
18:30~20:30 第1講座  北海道の住まい「高断熱・高気密から外断熱へ」
講師:福島 明 氏 北海道科学大学 教授
2018年6月2日(土)
09:30~10:55 第2講座 小樽運河の保存活動と今
講師:駒木 定正 氏 建築史家/北海道能力開発大学校 特別顧問
11:05~12:30 第3講座 まちを支える「場」と「人づくり」~江別市での活動
講師:白鳥 健志 氏 札幌駅前通まちづくり会社 代表取締役社長
講師:橋本 正彦 氏 community HUB 江別港代表
13:45~15:00 第4講座 積雪寒冷地である北海道の「防災まちづくり」について
講師:千里 政文 氏 北翔大学大学院 教授
講師:横山  光 氏 北翔大学 准教授
15:00~15:15 閉講式
17:30~19:30 大交流会(於:サッポロビール園)
2018年6月3日(日)
08:15~ 見学会 サッポロピリカコタン・小樽運河コース(札幌駅北口よりバス利用)
■参加費
各講座共通:一般1,000円、学生500円(4講座で一般4,000円、学生2,000円)
交流会参加費:4,500円
札幌小樽見学会:3,000円(昼食希望の方+2,000円)
■参加申し込み
別紙の参加申込書に必要事項の記入の上、ファックスまたはメールにて、
北海道内の方は北海道支部へ、道外の方は全国事務局へ申込み、お振込み下さい。
■申し込み・問い合せ先
新建築家技術者集団 北海道支部事務局
〒001-0025 札幌市北区北25条西15丁目3-16(有)大橋建築設計室内
tel/011-726-8988 fax/011-726-8990
Eメール/oohashi@beige.plala.or.jp
新建北海道支部のホームページ http//www.shinken-hokkaido.com
新建築家技術者集団 全国事務局
東京都新宿区水道町2-8 長島ビル2階
tel/03-3260-9800 fax/03-3260-9811
Eメール/shinken@tokyo.email.ne.jp

建築とまちづくりセミナーin札幌 案内

建築とまちづくりセミナー 参加申込書

Copyright (C) 新建築家技術者集団 北海道支部. All Rights Reserved.