お知らせ

札幌版次世代住宅(ハイレベル)の見学会を実施

インフォメーション

2018.02.18

2月10日、11日の2日間で札幌版次世代住宅の見学会を行いました。
札幌市では積雪寒冷地に応じた温暖化対策として札幌版次世代住宅基準を策定し高断熱・高気密化の普及促進を図っています。ミニマムからトップランナーまで5段階の基準を設け性能に応じた補助金を交付しています。今回は上から2番目のハイレベルでUA値0.22W/㎡K、一次エネルギー消費量は基準値の63%まで削減しています。
2日間でご来場いただいたのは予約いただいた方が4組、現在設計中の建築主が2組、過去の建て主が3組、新建会員が4組、その他合わせると30人程度の方が見学されました。
高断熱や第一種換気の説明もしましたが、全室床暖房の暖房方式と換気排熱の融雪システムに高い関心を示していたように思います。
当日は最高気温が-5度と極寒の吹雪の中で、室内の床面は+22℃、天井面は21.5℃とほとんど温度差がなく室温21℃の快適な環境でした。見学会の案内を掲示したのは北海道住宅新聞社のホームページ上でしたが2日間で300件以上のアクセスがあったそうです。札幌版次世代住宅のハイレベル基準への関心が高かったのが一因かと考えています。(白田智樹)

札幌版次世代ハイレベル住宅完成見学会を開催します

インフォメーション

2018.02.07

北海道支部会員白田智樹さんが設計工事監理を行った住宅の完成見学会を下記の日程で行います。
【日時】2月10日(土)・11 日(日) 10:00~16:00
【場所】札幌市手稲区前田11条10丁日15
この住宅は、約90坪の敷地に車2台のカーポートを持つ平屋建ての住宅です。断熱仕様は札幌版次世代住宅のハイレベル仕様になっています。UA値0.22W/ m2K、一次工ネルキー消費量は基準値の63%まで削減しています。
熱源は灯油で全室床暖房になっています。換気は第一種換気を採用し、熱交換をしながら給排気共に機械で管理します。
アースチューブを通した給気は通年で暖房・冷房の負荷を軽減します。排気は溝に放出され、カーポート前の融雪に利用します。冬期間の排雪も燃料費を使わずに排熱で処理しています。
参加ご希望の方は新建北海道支部事務局または下記の白田建築事務所へ申込みをお願いします。
札幌市手稲区前田9条9丁目1 -25  TEL011-686-4001

Copyright (C) 新建築家技術者集団 北海道支部. All Rights Reserved.